馬券選択、買い方の記事 (2/2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週の買い方回顧

日・札幌11レース

ダッシャーゴーゴー

スプリンターへの叩き台も、ここでは負けてられない、勝ち負け。

・逃げ馬
テイエムオオタカ、パドトロワ、ビウィッチが番手
藤田逃げならペースは落ち着く、前、内有利の今の札幌なら粘り込みは十分。

ダッシャーもある程度前にはいける馬、前々で組み立てるなら、差し馬達は紐評価に。



・最終馬券
  2頭軸3連複

テイエムオオタカ、OP実績勝ち鞍無しだけに
ダッシャーの頭固定、テイエム、2・3着付け馬券も想定したが・・・

いずれにせよ、パドの頭は想定外だっただけに、3連複で正解のレース









日・札幌10レース
フィールザラブ

ラップ分析でマークしていた馬
同じくラップ内容ありのカレンジェニオとの2頭軸を


・最終馬券
  2頭軸3連複

いざ買う段階で迷ってしまった。
カレンジェニオは、本来軸フィルターをクリアしておらず。一周見渡していなかった為に取り上げた馬
もう一度見直すと、サンライズ(2着馬)の方が内容あっただけに・・・・

不安があった時点で少し軽めにできただけ良しとする。













日・新潟11レース
ザラストロ

ここもラップ分析で評価の1頭。
ハイブリッド新聞の推定後半3F1位も後押し


・最終馬券
 ワイド2点

馬連総流しに近い形(消し4頭)を一旦想定も
14点買いは・・・
枠連も同枠に人気馬がいて妙味無しでワイドで相手も絞る

2歳戦の混戦レース、不確定要素の強いレースだからこそ、浅く流すという事も一考か。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。