冬場の馬体重の注意点

今週は寒さの厳しい日が続きます。

冬場の調整はやはり難しいものがあるようで、汗をかきにくいという事もあり、馬体重大幅増の馬をちょくちょくみかけます。

リアルタイムに馬券を購入できている訳ではないので、この季節は更に不確定要素が多くなってしまいます。



先週の特別レースの結果をザックリ見ていて、馬体重増で馬券に絡む馬もいますが、+10辺りが限度でしょうか?
(500万クラスには、+34で三着に入った馬もいましたが、三歳夏の成長期を挟んだ休み明けだけに、単なる太目ではなかったのでしょうね)


土曜日京都11
ランチボックス
+18・6人気

月曜日京都11
ドラゴンウェルズ
+18・4人気

月曜日中山9
ケイアイダイオウ
+24、2人気

が、特別レースで飛んだ人気サイドの馬です。


そして、冬場の馬体重に関してもう一点。

マイナス体重、です。

ある意味、+馬体重より気をかけた方が良いかもしれません。

本来、汗をかきにくく、増えてもおかしくない季節。
輸送や太目の馬が調教を増やして絞り込んだなど、陣営の意図が伺えないのに、大幅なマイナスは、飼いを食べない等々の原因か?、体調を疑うべきかなと感じます。


ジャニュアリーステークスの、ダイワディライト、敗因はハンデよりも、-12キロの馬体重、何か体調に不安があったのかもしれません。


この季節、リアルタイムに馬券を購入する際には、+より、-、に気をつけてみたいと思います。


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ他の予想も見るbanner_21.gifこちらもよろしくお願いします

スポンサーサイト

コメント

ばたいじゅ~

馬体重はバカにできませんからね。

ご存知だと思いますが、ひとつウンチクを^^
太目のほうは、直前にもかかわらず
・時計が遅い(6F、長めに追ったにもかかわらず全体的に遅く、残り3Fの時計も以前のものと比べて遅め)
・仕掛けてからの反応が鈍い、悪い(3F、1F)。
・(休養明けや間隔が開いていて)馬なり以外の調教が無い
・コメント注目:明らかに軽い調教、汗取り着用、まだ太い。など(この辺の言葉の組み合わせ)。
等から、調教からでも太い、絞れてない、走らせることができない
といった部分は見られることがあります。

細い時も調教は似たような感じになりますが、
コメントが明らかに軽いはありますが、それ以外が少し変わります。
ガレた(これはほぼ間違いなく痩せています)、(腹が)巻き上がる(いいときの表現は絞まった、切れ上がるです)、細い印象、細く写る(いい時の表現は絞まった、いい感じの細さ(細く)です。)

この辺だと思います。後は近走成績の馬体重の移り変わりと成績、及び上がりの時計。
その辺の比較になると思います。

ご存知でしたらすみません。
(あくまでも私の見方です^^;)

いえいえ、丁寧なコメントありがとうございます。

昔は、専門紙を購入し、その辺りまで徹夜でチェックしていましたが、今は大スポの身、しかもリアルタイムに買えない、馬体重の増減はある意味運任せになります。。。


しかし先週でも、デリキットピース(せっかく成長したのにまた減った?)、フサイチセブン(最低体重ではないが、休み明けマイナス体重はどうか?)を、リアルタイムに見ていたらぶった切っていた可能性大なので、それも善し悪しですよね。

馬券を購入しない、が一番なんでしょうが・・・

そうですねぇ

馬体重の増減が大きいからといってこないとは限りませんが、
レースによると思います。
上のレースになればなるほど、そこもシビアな条件となりますが、
重賞以下のレースなら、馬体重云々より調子になると思います。
・私の考え方
人気馬の馬体重の増減が大きければ消し。低人気の馬体重は気にしないがひどいものは消し。
季節にもよりますが、
±10が境界線、
シビアに見る場合は±6。
って感じですね。
非公開コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

プロフィール

馬券優先主義

Author:馬券優先主義
2017年・7月現在。

時間にも資金にも限りがある中で、長く永く競馬を楽しみたい、そして馬券でも勝ちたい。
そんな想いで開始した競馬予想ブログです。


仕事の関係上、さらに競馬に携わる時間確保が困難になりつつあります。


目標は 1日3レース前後


予想の土台は

平日のすきま時間を活用して集計・分析をしたラップ分析からの狙い

が、基本ですが該当馬がいない場合

変わり身の感覚的な狙い や 朝一オッズのインサイダー狙い
で組み立てます


馬券種は予想時間も短縮できる単複をメインにします
基本比率は 単:複 1:3 前後で設定していきます


ラップ分析の概要

1ハロン毎のラップと前週の馬場差を打ち込み
前後半3ハロン、中盤ラップ、などに集計
平均値との比較から

各コース過去実績をあげている数字に近い馬をマークする


レース格の優先順位的には

古馬条件戦ダ

3歳(2歳)ダ
3歳(2歳)芝

古馬条件戦芝


準OP、OP
上記の2つとは違い、ラップチェック馬であまり成果が出ず
ラップチェック馬を取り上げるのでは無く
適正、感覚を重視して行く方向です

まだまだ勉強中ではありますが
宜しくお願いします。

ブログランキング

Comments...A

openclose

検索フォーム