ヴィクトリアマイルの展開は?

先日のNHKマイルを振り返って思い出したのが、昨年の桜花賞です。

ラップタイムは違えど、早めの逃げ馬(偶然か共に1枠の逃げ宣言した馬)がいて、好位組、そこから離れた有力差し馬が牽制しあう団子状態、早目の逃げ馬のペースを見て差し馬の仕掛け遅れ、前がなだれ込む。

今回は、早々とブログ内で、差し馬同士の牽制を挙げていただけに、もう少し積極的に攻めるべきであったかもしれません。

また、予想において展開読みが如何に重要かを改めて実感しました。

ディープインパクト、ブエナビスタ、ダイワスカーレットのような明らかな力が違う馬を除いて、同じようなメンバーで着順が入れ替わるの現実を見ると、競馬の予想=展開の予想が主流、と考えてもおかしくないないかと思ったりもします。

もちろん、当の騎手ですら読めない展開です、なかなか読めるはずがありませんが、読まないよりは、読む方が的中に近付けるのではないでしょうか。


現在穴馬選択→展開を後付けの流れですが、まずは、レースの流れを読み→その流れに合う馬をピックアップする、今週から改めて加えていきたいと思います。
展開読みが外れた時点で、馬券もまずは外れるでしょう。
しかし、闇雲に穴馬を狙い外すよりは、得る物があるでしょうし、反省会もしやすいはずです。


さて、ヴィクトリアマイルは、どんな流れになるでしょうか。
枠順もあるでしょうが、ウオッカは恐らく前々からの競馬と思います。
毎日王冠や天皇賞の結果から上がり勝負には持ち込みたくないはず、次位人気のリトルアマポーラ=福永、カワカミプリンセス=横山典がどんな動きをするかが、鍵になりそうですね。


banner_21.gif
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

プロフィール

馬券優先主義

Author:馬券優先主義
2017年・7月現在。

時間にも資金にも限りがある中で、長く永く競馬を楽しみたい、そして馬券でも勝ちたい。
そんな想いで開始した競馬予想ブログです。


仕事の関係上、さらに競馬に携わる時間確保が困難になりつつあります。


目標は 1日3レース前後


予想の土台は

平日のすきま時間を活用して集計・分析をしたラップ分析からの狙い

が、基本ですが該当馬がいない場合

変わり身の感覚的な狙い や 朝一オッズのインサイダー狙い
で組み立てます


馬券種は予想時間も短縮できる単複をメインにします
基本比率は 単:複 1:3 前後で設定していきます


ラップ分析の概要

1ハロン毎のラップと前週の馬場差を打ち込み
前後半3ハロン、中盤ラップ、などに集計
平均値との比較から

各コース過去実績をあげている数字に近い馬をマークする


レース格の優先順位的には

古馬条件戦ダ

3歳(2歳)ダ
3歳(2歳)芝

古馬条件戦芝


準OP、OP
上記の2つとは違い、ラップチェック馬であまり成果が出ず
ラップチェック馬を取り上げるのでは無く
適正、感覚を重視して行く方向です

まだまだ勉強中ではありますが
宜しくお願いします。

ブログランキング

Comments...A

openclose

検索フォーム