馬選択の前に、予想レース選択の重要さ

 穴馬情報ならこちら
★衝撃無料情報★厩舎の裏ネタ超満載!



昨年度は、何とか単回収率を100%超えで、終えることができました。
また、シーズン半ばに、大万馬券があったおかげで、競馬人生二度目のプラス回収率で終えることも出来、満足度の高い一年であったと思っています。


今年も、プラス回収率を目指していきたいわけですが

1月の課題として、回収率を上げる為に、レース選択能力を上げるに挑戦しています。

堅いのか?荒れやすいのか?を判断し、軸馬の単複での回収率をアップさせる方法を作り出したいと考えています。
また、分別することで、勝負馬券の選択にもつながるのでは?とも考えています。

分別は5種類 

まず、基本の、決まったルール無く手当たり次第馬券を購入する事で回収率が75%に近くなりやすい、
大数の法則から逃れる為のレースを選択するですが
①不確定要素の強い新馬、未勝利、障害、馬体や気性の成長が判断しずらい2,3歳の限定戦を除外します。
②古馬戦を購入していく訳ですが、続いて、不確定要素が強いローカル開催の500万戦、戦績データが少ない特殊距離のレースを、一旦外します。


こちらのブログランキングにも登録しています、お願いします。
     こちらもよろしくお願いします



法則1
中央開催の古馬500万戦以上、ローカル開催の古馬1000万以上、1200m~2500mのレースから、購入レースを選択する。

これで、3場開催であっても、大体10レース前後に絞られます。

競馬だけに人生を費やせる方や馬券生活者(先々はそうなりたいですが・・・)、競馬関係の仕事の方ならまだしも、現状の限られた時間の中からではこれくらいが丁度良いのではないでしょうか?


続いて、近走の成績を見て、このレースで中心になりそうな馬がいるか?いないか?を判断して

いる場合、その馬が堅いのか?堅くないのか?
いない場合、力差のある組み合わせか?無い組み合わせか?
昇級組が多数いたり、戦績データが少なく比較がしにくいに分類

法則2
堅い、隙あり、上位拮抗、混戦、難解
の5種類に分類します。

単複馬券で、率先して取り上げたいのは、隙あり、レースです。
ここは、その馬をどう倒せるのか?、負けるパターンはどうか?を考えると、比較的予想がしやすいレースであると思っています。


続いて、上位拮抗と混戦は判断基準が難しいところですが、4日間のデータでは、4人気以下の穴馬の勝率が
18分の3に対して10分の6と明らかな差が出ております。
配当に妙味があれば人気に関らず狙っていきたい分類であります。

また、この辺りの選択基準は、徐々にデータを集めていきたいと思っています。


今週から早速5分類でのレース選択判断で望んでいきたいと思います。







色々な競馬予想サイトあります

ランキング登録しています、よろしくお願いします
    人気ブログランキング


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

プロフィール

馬券優先主義

Author:馬券優先主義
2017年・7月現在。

時間にも資金にも限りがある中で、長く永く競馬を楽しみたい、そして馬券でも勝ちたい。
そんな想いで開始した競馬予想ブログです。


仕事の関係上、さらに競馬に携わる時間確保が困難になりつつあります。


目標は 1日3レース前後


予想の土台は

平日のすきま時間を活用して集計・分析をしたラップ分析からの狙い

が、基本ですが該当馬がいない場合

変わり身の感覚的な狙い や 朝一オッズのインサイダー狙い
で組み立てます


馬券種は予想時間も短縮できる単複をメインにします
基本比率は 単:複 1:3 前後で設定していきます


ラップ分析の概要

1ハロン毎のラップと前週の馬場差を打ち込み
前後半3ハロン、中盤ラップ、などに集計
平均値との比較から

各コース過去実績をあげている数字に近い馬をマークする


レース格の優先順位的には

古馬条件戦ダ

3歳(2歳)ダ
3歳(2歳)芝

古馬条件戦芝


準OP、OP
上記の2つとは違い、ラップチェック馬であまり成果が出ず
ラップチェック馬を取り上げるのでは無く
適正、感覚を重視して行く方向です

まだまだ勉強中ではありますが
宜しくお願いします。

ブログランキング

Comments...A

openclose

検索フォーム