スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月22日の回顧

京都11レース
グランアルマダ
(1着)
ラップ上がり分析

上がり3~4ハロンの流れになれば出番あるかも。


・レースラップタイム自体は失速ラップも、大逃げ馬の自身のラップタイム。
離れた馬達は平均~ややスローの流れ?

キレる脚が無いとの事、平均~スローからの上がり4ハロンの流れならもう一段いけるかも。

あとは、毎回この辺りの人気の馬を拾えると良いのだが。。




東京11レース、オークス

◎シンハライト
○アットザシーサイド
▲デンコウアンジュ
△チェッキーノ
×ロッテンマイヤー

5頭に絞りきり、この中で決まれば何とかなる。

・シンハライトよりは脚が無い場面で挟まれたので何とも言えないが、デンコウアンジュ厚めだっただけに。。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。