5月8日の回顧

新潟10レース
トウショウコマンチ
(6着)
ラップ・上がりハロン分析

先々週のユキノカトレアの予想でヒントを得て研究開始のラップ分析。
上がり2ハロン目に0・5秒の加速が入る傾向がある新潟ダ1800、前に行けて0・5秒以上の加速かつ実績を残しているこの馬を狙いたい。

前走はテン3ハロンがかなり速い流れ、今回絡んで来る馬なくコーナーに入れば流れは緩む、そのまま直線まで行ければ、頭までも期待したい。

・加速ラップ、走れない中身ではないのだが。。
ただ、テンの3ハロン4ハロンが新潟三歳ダ1800過去三年で最速、ハナ切れそうなメンバーなら再度注目したい。




東京12レース
プエルト
(8着)
ラップチェック・CT1

1000万通用の特殊ラップをマーク
東京勝ちもあり、連続加速ラップ経験もあり。
相手絞りきれず、それだけ信頼低いなら馬連総流しも。

・加速の入らない消耗ラップに。。
騎手コメントから久々のダートスタートで、という内容、1400のみならず東京ダ1600mでも注目したい。





東京6レース
瞬発問われるコース形態、メンバー的にもスロー濃厚、1秒くらいの加速問われる流れになるか。
一番人気のノガロは失速ラップマーク、きつい流れで結果を残してのもの、付け入る隙はあると見た。
内枠有利を考えると1、3辺り中心に組み立てたい。

・流れの読みは正解も、危険視したノガロは瞬発戦に対応、軸も共に出遅れ。。




土曜日は京都新聞杯等々上手くハマってくれた上がりハロン分析も日曜日は壊滅。
まだまだ分析が必要か、経験値を増やしたい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

プロフィール

馬券優先主義

Author:馬券優先主義
2017年・7月現在。

時間にも資金にも限りがある中で、長く永く競馬を楽しみたい、そして馬券でも勝ちたい。
そんな想いで開始した競馬予想ブログです。


仕事の関係上、さらに競馬に携わる時間確保が困難になりつつあります。


目標は 1日3レース前後


予想の土台は

平日のすきま時間を活用して集計・分析をしたラップ分析からの狙い

が、基本ですが該当馬がいない場合

変わり身の感覚的な狙い や 朝一オッズのインサイダー狙い
で組み立てます


馬券種は予想時間も短縮できる単複をメインにします
基本比率は 単:複 1:3 前後で設定していきます


ラップ分析の概要

1ハロン毎のラップと前週の馬場差を打ち込み
前後半3ハロン、中盤ラップ、などに集計
平均値との比較から

各コース過去実績をあげている数字に近い馬をマークする


レース格の優先順位的には

古馬条件戦ダ

3歳(2歳)ダ
3歳(2歳)芝

古馬条件戦芝


準OP、OP
上記の2つとは違い、ラップチェック馬であまり成果が出ず
ラップチェック馬を取り上げるのでは無く
適正、感覚を重視して行く方向です

分類的には

①ラップからの狙い

変わり身
②短縮、延長
③好走コース、好走トラック、好走回り、リターン
④レベ高からの転戦
⑤出遅れ、レース中の不利、馬場、展開

まだまだ勉強中ではありますが
宜しくお願いします。

ブログランキング

Comments...A

openclose

検索フォーム