スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月31日の回顧

東京4レース

狙い・マラケシュ
騎手・田辺
分類・ラップ、TH5
(7人気・15着)

新馬戦価値が超失速ラップ、ダート路線で変わり身狙えるかも。
詳しい血統知識は無いのだが、父ヴァーミリアンなら期待も高まる。


・出負けし、捲り気味、4角では先行集団の外、ひょっとして化物かと思ったが。。
ダートの走りは悪くない、新馬戦は逃げており、再度狙いも面白いかも。



東京5レース

狙い・ラテラス
騎手・北村宏
分類・ラップ・F1
(3人気・2着)

信頼性高い、3歳馬のF、相手も絞れ、圏内に食い込んでくれれば、妙味はあるレース。

・番手を想定していたが、一列後ろからでも競馬が出来た。
加えて今回は休み明け、クラス勝ち抜けは必至、後は人気次第。





東京12レース

狙い・
トウシンモンステラ
(7人気・8着)

アドマイヤスピカ
(3人気・9着)

騎手・福永、岩田
分類・感覚

メイショウカドマツ、グランデスバル、というはっきりした逃げ馬いるのに加えて東京2500という特性を考えると、大きな落差の無い一貫ラップになるのでは。
ただ、雨馬場だと失速寄りに。
晴れならモンステラ、渋ればスピカで。


・ここは完敗の内容
上位入線の3頭を含めて今回のメンバーに関してはG1でどうこうのメンバーでは無いだけに、今年を担う世代交代も含めた願望もあったのだが。。。
コメントとレース内容からは、アドマイヤスピカの方は見直しが利きそう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。