9月14日の回顧

ラップチェック本日も微妙な感じ、ならば本日の気になる、なのですが、500万クラスは頭数が多いものの夏競馬の延長今一つ自信は少ない、一方で上級戦は頭数が少なく妙味も薄い。

という事で、セントウルステークスを。。


北九州記念は事前想定以上に緩く、前の組に有利な流れに。
外々を回ってきたエピセアロームの巻き返しをまず視野に、枠なりで北九州記念よりもう一列前で競馬が出来れば圏内争える。

続けて展開だが、アンバルの出方につきる。
前回は行き脚つかず差す競馬になったとはいえ、やはりスピードは違うハクサン、戸崎にどんな指示が出ているかは分からないが、恐らくはハナ主張するはず、逃げはこちらとみたい。
見所は、田中健が抵抗するのか。。

ハクサンムーンが先手奪えば下手に追いかけない流れ→前の組で脚を溜めれる→内枠、先行、という結論。

ただ、エピセアロームから入っても妙味無し、穴ならエーシントップと思っていたが現在5番人気。。


キャリーオーバーのウイン5でもつかの間の夢でもみる事に。



・期待のウイン5、一発目で撃沈(笑)、頭数が少ないが故に絞りにいってしまいました。。

セントウルは展開も予想も明後日の方向、も、馬券は的中という、何とも言えない結果に。。。

連続開催でどんな馬場になるか分からないが、1、2着馬は本番でも通用とみた。
エピセアロームは、ピークは過ぎたのか?、もう1ハロンあった方が良いのか?、軸にする事は無し。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック