6月8日の回顧

ラップチェック馬は6頭、馬場が気になる東京芝、短縮狙いの1頭を回避すると4頭

全てダートのF、そして全て3番人気以内。
妙味薄いだけに転がしで挑戦してみたいと。。


阪神7・デモニオ(2着)
阪神10・スピナッチ(1着)
阪神12・エミネントレコード(着)
東京12・ジャッカスバーク(2着)


・3コロ目で撃沈、も、Fの信頼性の高さは改めて。。。
ただ、妙味が薄いので馬券にどう繋げるかが今後の課題。




東京11レース
安田記念見解


直線は内から5mくらい離れた位置を選択している、1400~1600得意の馬よりは、中距離をこなせる短縮型の方が向きそう。

ジャスタで仕方ない、と思っていたのだが。。
本格前とはいえデビュー3走目の不良馬場敗退、圧倒的一番人気と考え合わせると気になる要因。

グランデッツァを指名したい。
前走のような時計勝負だけでなく、スプリングステークスのような重たい馬場も合う。
ミッキーの逃げに、レッド、カレンの並びになりそう、8、2、3、内枠からなら隊列は落ち着く、内枠からその後ろの良い位置を取れれば。


・思っていたより後ろの位置取り、直線も諦めがつくくらいの笑けるくらいノメり具合。。
だだ荒れするなら、と選択したレース、ここは割り切って。。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック