1月5日の回顧

・ラップチェック

本日は適性外や妙味無しの為、馬券は回避


注目レースは、京都9レース、Sのガリバルディ、Zのサングレアル
通常ならSが信頼性高いも、この時期の2歳、しかも少頭数、スローなら逆転もあるかも。

・展開は想定外、ラップチェックはまだだが、差してきたハギノハイブリッドが気にはなる。




・変わり身狙い

京都12レース

ヒュウマ

直線坂0勝→2勝の平坦コース、1600→着外無しの1400、前走初の出遅れ。
開幕週京都、京都外回りで唯一推定前半3Fに優位な1400、先行なら勝ち負け、強。

変更、狙いの京都12レース、ヒュウマは1番人気、強→中に変更。
前に行きそうな、ハイブリッド新聞の推定前半3F上位3頭を2頭目軸に。


・2頭目軸にした推定前半3Fの1、2位で決着。
狙いは良かったものの、ヒュウマを確信した予想、もう少し前で、という気持ちはあるがここは諦める。



追加、中山12レース。
両金杯含め最終まで完全見送り観戦、中山、京都共にインか先行、外を自力で回ると脚を無くす。

金杯でインに固執したベリーに、先行しそうな2、5を組み合わせたい。


・インか先行、2356の馬連、ボックスにしたのが効を奏した。
京都最終もそうだが、馬場クセが強い場合、穴・穴決着も含ませて狙うのもやり方としては面白そう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック