先週の結果

軸馬の成績

感覚
0(19-3)

理論
3-1(29-10)

OP
1-0(13-4)


0(3-1)


反省点
1200mのラップ分析が上手くハマらない。
この距離は、直感的に攻める方が自分には向いてそう。

今後1200m戦のラップ理論は、時計かかる馬場での短縮に絞って戦いたい。

久々G1高松宮記念、絶対逃げのメモリアルイヤーがまさかの控える形。
あの時点で予想の勝負は決まったのかもしれない。
ここは諦め、割り切った一戦と判断。


軸馬の結果が出ていないので、結果的には助かってはいるが、回収率の事を考えると、もう少しレースを絞り思い切って攻めるという判断が必要なのかと思う3月になりました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

プロフィール

馬券優先主義

Author:馬券優先主義
2017年・7月現在。

時間にも資金にも限りがある中で、長く永く競馬を楽しみたい、そして馬券でも勝ちたい。
そんな想いで開始した競馬予想ブログです。


仕事の関係上、さらに競馬に携わる時間確保が困難になりつつあります。


目標は 1日3レース前後


予想の土台は

平日のすきま時間を活用して集計・分析をしたラップ分析からの狙い

が、基本ですが該当馬がいない場合

変わり身の感覚的な狙い や 朝一オッズのインサイダー狙い
で組み立てます


馬券種は予想時間も短縮できる単複をメインにします
基本比率は 単:複 1:3 前後で設定していきます


ラップ分析の概要

1ハロン毎のラップと前週の馬場差を打ち込み
前後半3ハロン、中盤ラップ、などに集計
平均値との比較から

各コース過去実績をあげている数字に近い馬をマークする


レース格の優先順位的には

古馬条件戦ダ

3歳(2歳)ダ
3歳(2歳)芝

古馬条件戦芝


準OP、OP
上記の2つとは違い、ラップチェック馬であまり成果が出ず
ラップチェック馬を取り上げるのでは無く
適正、感覚を重視して行く方向です

まだまだ勉強中ではありますが
宜しくお願いします。

ブログランキング

Comments...A

openclose

検索フォーム