天皇賞秋&菊花賞の回顧

まず天皇賞・秋から


シルポートの逃げなら緩んだ展開にはならない。
ただ、昨年のような極端な消耗戦までは、ある程度の瞬発力も必要。


自分の中で週末から上位4頭で軸がコロコロ変わる、それだけ何か不安を感じるならば、思い切って別馬から入りたい。

◎エイシンフラッシュ
○ルーラーシップ
▲フェノーメノ
△ダークシャドウ
△ジャスタウェイ

昨年は宝塚からぶっつけ、ハイペースを先行勢では一番粘りきった。
今年は一叩き、その毎日王冠はスタート後に挟まれ位置を下げ、4コーナーから果敢に外を回す内容。
調教の動きも良化、ベストの2000で復権を。


・結果
シルポートがハイペースで引っ張るも、離れた後ろは平均の上がり勝負、ハイペースのスロー。
上がり勝負になるとエイシンフラッシュはやはり強い、デムーロの好騎乗もあったとはいえ、快勝。


展開や流れ、全体のヨミ、変わり身要素、印や相手、文句つけようが無い結果。
その割りに馬券の内容が。。。。
土曜日からの連敗で、自信喪失があったとはいえ、こういうところでしっかり+にしないと、年間回収率も上がらない。。






続いて菊花賞


ゴールドシップが力は抜けた感じ、後は展開。

逃げ、先行の穴が幾度となく発生する長距離だけにそちらにかけてみたい。

番手の競馬が可能8枠に入ったタガノビッグバン、積極騎乗の少ない孝四郎ビービージャパンなら、ニューダイナスティの逃げ。

勢いある浜中だけに大逃げも視野に、失速からの番手抜け出しも。
本命には、ユウキソルジャーを。
前走力を試した感じで4着、京都は2戦2勝、坂の下りを活かした競馬に期待。

◎ユウキソルジャー
○ゴールドシップ
▲ニューダイナスティ
△タガノビッグバン


・結果
こちらは、展開が明後日の方向。
不利があったとはいえ、ニューダイナスティが行かず。
話それるが、ビービージャパンの武幸四郎、先週土曜日東京でも積極的な競馬が目立った。
何か変化があったのか?、今週改めて注目してみたい。

・結果
ゴールドシップが力の違いを見せつけた。
力が抜けているのか、はたまた相手が、なのかは、これからの古馬対3歳の戦いで見極めていきたいところ。

個人的には、ゴールドシップなら古馬にも通用、と見ている、特に有馬なら有力視したい。


◎に打ったユウキソルジャーが3着。
前々からの粘り込みでは無かったが、京都合うのだと思う、外回り、長距離なら注目し続けたい。


週始めに◎の予定だったスカイディグニティが2着。
何かのレースを分析していて、これ、って思っていたのだが、週末に外枠と京都成績を見て、評価を下げる。


最終的に選んだ馬券はワイド1点。

なら、当たりのはずだが。

最終選んだのは、当初のスカイディグニティ、でもなく、エタンダール。。


秋のG1シリーズ、予想自体はまと外れではないのだが、馬券に繋がらない。

データが多く、分析はしやすいだけに、買い方、張り方などを変えるのも一考。

直前購入少額乱れ打ちが多く、blogにはアップできていないが、収支はトントン止まりで、年間回収率も100%をわずかに切る辺り。
年末を前に、更に時間に限ぎりが出てきている。
無駄なレース買わなければ、上がるはず。


色々な課題に取り組んできたこの一年。

予想を決まった形や流れに当てはめるのは難しい事がわかりましたし、また当てはまったから当たる、当てはまらないから外れる、という事も無く。

残り2ヶ月、新しい課題ではなく、今年一番成果が出た課題と思う

レース選択

に重点を置いて戦いたい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

プロフィール

馬券優先主義

Author:馬券優先主義
2017年・7月現在。

時間にも資金にも限りがある中で、長く永く競馬を楽しみたい、そして馬券でも勝ちたい。
そんな想いで開始した競馬予想ブログです。


仕事の関係上、さらに競馬に携わる時間確保が困難になりつつあります。


目標は 1日3レース前後


予想の土台は

平日のすきま時間を活用して集計・分析をしたラップ分析からの狙い

が、基本ですが該当馬がいない場合

変わり身の感覚的な狙い や 朝一オッズのインサイダー狙い
で組み立てます


馬券種は予想時間も短縮できる単複をメインにします
基本比率は 単:複 1:3 前後で設定していきます


ラップ分析の概要

1ハロン毎のラップと前週の馬場差を打ち込み
前後半3ハロン、中盤ラップ、などに集計
平均値との比較から

各コース過去実績をあげている数字に近い馬をマークする


レース格の優先順位的には

古馬条件戦ダ

3歳(2歳)ダ
3歳(2歳)芝

古馬条件戦芝


準OP、OP
上記の2つとは違い、ラップチェック馬であまり成果が出ず
ラップチェック馬を取り上げるのでは無く
適正、感覚を重視して行く方向です

分類的には

①ラップからの狙い

変わり身
②短縮、延長
③好走コース、好走トラック、好走回り、リターン
④レベ高からの転戦
⑤出遅れ、レース中の不利、馬場、展開

まだまだ勉強中ではありますが
宜しくお願いします。

ブログランキング

Comments...A

openclose

検索フォーム