菊花賞の狙い馬

ゴールドシップが力は抜けた感じ、後は展開。

逃げ、先行の穴が幾度となく発生する長距離だけにそちらにかけてみたい。


番手の競馬が可能8枠に入ったタガノビッグバン、積極騎乗の少ない孝四郎ビービージャパンなら、ニューダイナスティの逃げ。

勢いある浜中だけに大逃げも視野に、失速からの番手抜け出しも。
本命には、ユウキソルジャーを。
前走力を試した感じで4着、京都は2戦2勝、坂の下りを活かした競馬に期待。

◎ユウキソルジャー
○ゴールドシップ
▲ニューダイナスティ
△タガノビッグバン
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック