スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後期に向けての最終課題

折り返しまであと2ヶ月残っているが、現時点で


回収率は92・5%


例年のトータル回収率からも、課題の成果が出ているのではないか。


今までの課題を分類すると。

強中弱をつける
逃げ馬を挙げる

レース選択力


人気馬の評価をする
買い目を絞る
大胆に広げる

馬券選択力



軸馬選択に関しては、今までやってきた変わり身や妙味を土台として、大きな変化はしていない。

馬券選択は相変わらずへたくそなので、むやみに手を出していた頃よりも、レースを選択できているから、と分析。


となると、後期の重点課題は


馬券選択力



まず、修正を加えたいのが

題名にもなっている、1勝4敗回収率600%


これは均一購入が前提になっており、自身度による強中弱の設定をしている現在、ここを変える必要があるのでは、と考えてしまう。

回収率600%というと

100円→600円
500円→3000円
1000円→6000円


例えば
その日は、強中弱、各1レースずつとしたなら

資金500円、馬連を選択、相手が5頭ならば、100円ずつ、しかしながらオッズは、20倍前後で、30倍は超えていない。

上記の条件なら、例え20倍だとしても、あと2レースを外しても、トータル回収率120%を達成できる。
同じ条件で言うと、強のレースならば、回収率200%以上の設定で、トータルプラスに持ち込む事ができる。


1000円を6000円以上にする、と、1000円を2000円以上にする、どちらが馬券の選択、絞りや組み立てをしやすいか。

勿論ここには、的中率というものが加味されていないので理論通りはいかないだろうが、この回収率というハードルが変わる事での上積みも見込める可能性もあると思う。

60倍を当たりを狙う為に、無理矢理3連複フォーメーションにし軸馬からむも不的中、が、複勝1点で3倍


強中弱による回収率の変動制


5、6月で、前期が終了。
あと2ヶ月、この課題を前期最後の課題として用い、回収率100%超えを達成したいと思います。


それが上手く行けば、題名を変えたいと。。。。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。