後期に向けての最終課題

折り返しまであと2ヶ月残っているが、現時点で


回収率は92・5%


例年のトータル回収率からも、課題の成果が出ているのではないか。


今までの課題を分類すると。

強中弱をつける
逃げ馬を挙げる

レース選択力


人気馬の評価をする
買い目を絞る
大胆に広げる

馬券選択力



軸馬選択に関しては、今までやってきた変わり身や妙味を土台として、大きな変化はしていない。

馬券選択は相変わらずへたくそなので、むやみに手を出していた頃よりも、レースを選択できているから、と分析。


となると、後期の重点課題は


馬券選択力



まず、修正を加えたいのが

題名にもなっている、1勝4敗回収率600%


これは均一購入が前提になっており、自身度による強中弱の設定をしている現在、ここを変える必要があるのでは、と考えてしまう。

回収率600%というと

100円→600円
500円→3000円
1000円→6000円


例えば
その日は、強中弱、各1レースずつとしたなら

資金500円、馬連を選択、相手が5頭ならば、100円ずつ、しかしながらオッズは、20倍前後で、30倍は超えていない。

上記の条件なら、例え20倍だとしても、あと2レースを外しても、トータル回収率120%を達成できる。
同じ条件で言うと、強のレースならば、回収率200%以上の設定で、トータルプラスに持ち込む事ができる。


1000円を6000円以上にする、と、1000円を2000円以上にする、どちらが馬券の選択、絞りや組み立てをしやすいか。

勿論ここには、的中率というものが加味されていないので理論通りはいかないだろうが、この回収率というハードルが変わる事での上積みも見込める可能性もあると思う。

60倍を当たりを狙う為に、無理矢理3連複フォーメーションにし軸馬からむも不的中、が、複勝1点で3倍


強中弱による回収率の変動制


5、6月で、前期が終了。
あと2ヶ月、この課題を前期最後の課題として用い、回収率100%超えを達成したいと思います。


それが上手く行けば、題名を変えたいと。。。。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

プロフィール

馬券優先主義

Author:馬券優先主義
2017年・7月現在。

時間にも資金にも限りがある中で、長く永く競馬を楽しみたい、そして馬券でも勝ちたい。
そんな想いで開始した競馬予想ブログです。


仕事の関係上、さらに競馬に携わる時間確保が困難になりつつあります。


目標は 1日3レース前後


予想の土台は

平日のすきま時間を活用して集計・分析をしたラップ分析からの狙い

が、基本ですが該当馬がいない場合

変わり身の感覚的な狙い や 朝一オッズのインサイダー狙い
で組み立てます


馬券種は予想時間も短縮できる単複をメインにします
基本比率は 単:複 1:3 前後で設定していきます


ラップ分析の概要

1ハロン毎のラップと前週の馬場差を打ち込み
前後半3ハロン、中盤ラップ、などに集計
平均値との比較から

各コース過去実績をあげている数字に近い馬をマークする


レース格の優先順位的には

古馬条件戦ダ

3歳(2歳)ダ
3歳(2歳)芝

古馬条件戦芝


準OP、OP
上記の2つとは違い、ラップチェック馬であまり成果が出ず
ラップチェック馬を取り上げるのでは無く
適正、感覚を重視して行く方向です

分類的には

①ラップからの狙い

変わり身
②短縮、延長
③好走コース、好走トラック、好走回り、リターン
④レベ高からの転戦
⑤出遅れ、レース中の不利、馬場、展開

まだまだ勉強中ではありますが
宜しくお願いします。

ブログランキング

Comments...A

openclose

検索フォーム