スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェアリーステークス、淀短距離の回顧

フェアリーステークス

中盤が緩んでしまい、上がりに瞬発力が求められる流れに。
ある程度ペースが流れるのも想定しての軸馬アイスフォーリスは、速い上がりが無く一踏ん張りが利かず。
東京コースは心配だが、京都マイル、引き続きの中山、小倉辺りなら面白いか。
2頭目軸のパストフォリアは、大出遅れで参考外。


格言1
競馬は何があるかわからない、勝負レースを作ってはいけない。



淀短距離ステークス


エーシンダックマンが、後続をちぎる圧勝。
頭を危険視しただけに、予想としても完敗。


妙味馬、フレンチカクタスは、想定通り二番手につけるも、じりじりに。
スピードはあり1200の適性はあると思う。
ただ1200の中でも消耗戦になりにくい京都、新潟は合わない可能性。

昨年のフィリーズレビューのような、消耗ラップになれば出番はあるはず。
1200なら、中山、小倉で狙いたい。


2着以降は、馬場、展開、競馬場一つで引っくり返るくらい差を感じない。


格言2
京都1200は、やっぱり内枠有利
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。