ジャパンカップ最終結論

強力逃げ馬は不在、例年通り直線で加速が入る瞬発力勝負を想定

◎ローズキングダム
過去5年の中から、ウオッカが勝った一貫ラップを除く4年の1ハロン毎のラップを平均、今年の京都大賞典がかなり似たラップ構成。鞍上も二回目で、好転材料多い、連覇も。


○トゥザグローリー
叩いて上積みが大きい、ローズキングダム、ペルーサを完封した日経賞の再現に期待。
日本勢の中では前目、3、4番手辺りの位置をを取れるのではないか?。
入り3、4ハロン目が緩めば勝ち負けまでも可能

▲エイシンフラッシュ
再度ルメールなら、文句無し◎だったのだが。。
乗り難しい面、外枠、それでも、ハマれば勝ちきる力はあり。


△デインドリーム
△ブエナビスタ
×シャレータ
×ペルーサ
×トーセンジョーダン
×ウインバリアシオン


・危険気配馬
ヴィクトワールピサ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

プロフィール

馬券優先主義

Author:馬券優先主義
2017年・7月現在。

時間にも資金にも限りがある中で、長く永く競馬を楽しみたい、そして馬券でも勝ちたい。
そんな想いで開始した競馬予想ブログです。


仕事の関係上、さらに競馬に携わる時間確保が困難になりつつあります。


目標は 1日3レース前後


予想の土台は

平日のすきま時間を活用して集計・分析をしたラップ分析からの狙い

が、基本ですが該当馬がいない場合

変わり身の感覚的な狙い や 朝一オッズのインサイダー狙い
で組み立てます


馬券種は予想時間も短縮できる単複をメインにします
基本比率は 単:複 1:3 前後で設定していきます


ラップ分析の概要

1ハロン毎のラップと前週の馬場差を打ち込み
前後半3ハロン、中盤ラップ、などに集計
平均値との比較から

各コース過去実績をあげている数字に近い馬をマークする


レース格の優先順位的には

古馬条件戦ダ

3歳(2歳)ダ
3歳(2歳)芝

古馬条件戦芝


準OP、OP
上記の2つとは違い、ラップチェック馬であまり成果が出ず
ラップチェック馬を取り上げるのでは無く
適正、感覚を重視して行く方向です

分類的には

①ラップからの狙い

変わり身
②短縮、延長
③好走コース、好走トラック、好走回り、リターン
④レベ高からの転戦
⑤出遅れ、レース中の不利、馬場、展開

まだまだ勉強中ではありますが
宜しくお願いします。

ブログランキング

Comments...A

openclose

検索フォーム