スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパンカップ最終結論

強力逃げ馬は不在、例年通り直線で加速が入る瞬発力勝負を想定

◎ローズキングダム
過去5年の中から、ウオッカが勝った一貫ラップを除く4年の1ハロン毎のラップを平均、今年の京都大賞典がかなり似たラップ構成。鞍上も二回目で、好転材料多い、連覇も。


○トゥザグローリー
叩いて上積みが大きい、ローズキングダム、ペルーサを完封した日経賞の再現に期待。
日本勢の中では前目、3、4番手辺りの位置をを取れるのではないか?。
入り3、4ハロン目が緩めば勝ち負けまでも可能

▲エイシンフラッシュ
再度ルメールなら、文句無し◎だったのだが。。
乗り難しい面、外枠、それでも、ハマれば勝ちきる力はあり。


△デインドリーム
△ブエナビスタ
×シャレータ
×ペルーサ
×トーセンジョーダン
×ウインバリアシオン


・危険気配馬
ヴィクトワールピサ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。