本日の狙い馬

再・福島11レース

カフェリュウジン


先週反省記事にアップした通り、今週登場。
右回り替わりに加えて、古馬に揉まれた経験も良い方に出ないか?



本日の気になる。。

中京8レース

キクノソル

未勝利勝ちを評価、休み明け、初左回りで半信半疑もこの人気なら面白いそう。
いずれにせよ、先々まで注目はしたい。
スポンサーサイト

先週の反省

ラップ理論変わり身の爆発は無いのだが。。
今月に入っての理論変わり身馬、共に東京コース、大外に出して伸びるも5着。
コース取りによっては、と思わせる内容、人気も一気には上がらないと思うので、再狙いを。



ブログアップ分を別に、降級戦にようやく慣れてきた感じ。

先々週アップした反省通り、ダートか短距離に絞った3歳馬狙いで、土日両阪神最終、まずまずの配当を。。

開催替わりの今週、前目にいける馬中心で考えていきたいところ。

本日の狙い馬

理論・東京10レース

トーセンマルス

速い上がりを差した前走を評価、中間も締まっており延長にも対応可能と判断。

本日の気になる。。

昨日は予想もアウト、危険馬には勝ちきられ、ここは気持切り替えて。。

なのだが、これという馬は見当たら無い。


気になるレース

東京11レース

ラップ分析マーク馬が6頭出走のレース。

1番エーシンレンジャーを物差しにして、サウンドリアーナとチャーリーブレイヴは抜けた感じはする。
妙味つくなら、残り一枠、同舞台勝ち馬で狙ってみたい。

本日の狙い馬

オープン・阪神11レース

セイカプリコーン


距離替わり、雨馬場、ハイブリッド調教指数高の短距離


同距離、競馬場を勝ち上がり後2戦は、距離長い1800と初距離の1200、阪神コースは1400に限れば大崩れの無い成績。
そこに3111の雨馬場、準オープン勝ち上がり時に近い坂路調教指数で前進を期待。


安定という意味では、マルカフリートが際立つ、ここは3連複2頭軸で。





本日の気になる。。

東京メイン
エキストラエンド

前走勝ちが展開向いたとの分析、ただ相手恵まれている感も、2、3着付けに妙味を感じる。


阪神9
コスモコルデス

未勝利勝ち時ラップを評価も、ここは降級組が強烈な上に、エーシンゴールドも強い。
ここは静観、人気落として次走以降、限定戦など面白い。

先週の反省

降級が始まり2週間

特に芝のマイル以上では、降級組が暴れまわり、3歳馬の出番がまだ先になりそうな気がする。

そうなると配当的にも、3連複で狙うには固め打ちが必要なオッズが続く。

狙うなら短距離かダート戦を。
そして、穴なら一度降級組と揉まれ人気を落とす3歳。


こんな感じで。。

本日の狙い馬

理論・東京10レース

カフェリュウジン

二走前の中山マイル、消耗戦を大外枠で差し切る内容。

同じく中山マイル勝ちのバロンドゥよりは中身ありと判断でこのオッズ差なら。
また古馬との初対決も、未知の魅力にかける妙味ありと判断。
東京実績も数字程内容は悪くなく、マイナス材料にはならない。

本日の狙い馬

ラップ分析変わり身狙いは無し。

昨日の結果から、降級、3歳入り交じる条件戦はかなり難解。
特に阪神最終なんぞ、全く意味不明。




オープン・東京11レース

東京1600→スピードだけでなくスタミナも→スプリンターは危険、の予想土台なのだが。。
ここ数年、重賞勝ち馬が日替わり弁当のような古馬マイル路線を考えると、一概にカナロア危険、という訳にはいかない。
ただ、割れているとはいえ1番人気、軸にするには・・・、の位置付け。

狙い

ダークシャドウ

休み明け叩いて、大得意の東京へ。
連覇している、堀厩舎、というのも気持的には推し材料

初距離だが、ジャパンカップ、有馬記念時には、共に距離を不安視して評価を下げただけに、今回はそこを信じてみる。

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

プロフィール

馬券優先主義

Author:馬券優先主義
2017年・7月現在。

時間にも資金にも限りがある中で、長く永く競馬を楽しみたい、そして馬券でも勝ちたい。
そんな想いで開始した競馬予想ブログです。


仕事の関係上、さらに競馬に携わる時間確保が困難になりつつあります。


目標は 1日3レース前後


予想の土台は

平日のすきま時間を活用して集計・分析をしたラップ分析からの狙い

が、基本ですが該当馬がいない場合

変わり身の感覚的な狙い や 朝一オッズのインサイダー狙い
で組み立てます


馬券種は予想時間も短縮できる単複をメインにします
基本比率は 単:複 1:3 前後で設定していきます


ラップ分析の概要

1ハロン毎のラップと前週の馬場差を打ち込み
前後半3ハロン、中盤ラップ、などに集計
平均値との比較から

各コース過去実績をあげている数字に近い馬をマークする


レース格の優先順位的には

古馬条件戦ダ

3歳(2歳)ダ
3歳(2歳)芝

古馬条件戦芝


準OP、OP
上記の2つとは違い、ラップチェック馬であまり成果が出ず
ラップチェック馬を取り上げるのでは無く
適正、感覚を重視して行く方向です

まだまだ勉強中ではありますが
宜しくお願いします。

ブログランキング

Comments...A

openclose

検索フォーム