ニュース、独り言の記事 (1/23)

しばし

休養させていただきます。。。

充電&進化して、どこかでは戻ってきたいとは思っておりますので、

このままブログは置いておきたいと思います。

宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

1か月ほど

ちょいと多忙につき、お休み頂きます。


色々な記事を週中にも更新されている方、改めてすごいなぁ、と。。。。

戦い方

ほど良い狙い馬がおらず、また現地参戦という事もあり、先週は回避させて貰いました。

アイネスフウジン以来、23頭目のダービー馬誕生を見終え、今週から24年目に突入します。

人生の約3分の2弱も関わっている訳で、よくこれだけ長くハマったよなぁ、と感心もあり、計算した事無いですが、家、まではいかんでも、車やったら何が買えるんやろ(笑)とか。



余談長くなりましたが、今週から2歳戦スタートします。

昨年から試験的に取り入れてみたラップ分析。
今週から、2歳戦スタート2014年版に切り替えて集計開始です。

注ぎ込んだ時間と馬券代を無駄にならないように。



2014年

1・理論(ラップ分析からの狙い)
2・OPのレース(比較データが多い)
3・再狙い(狙い→凡走からのおっかけ)
4・感覚の変り身狙い

今年も、この4本で戦っていきます。
ただ基本は、1~3
4は成績悪いので、面白みや妙味があれば

そして該当が無いようであれば無理矢理予想のアップはせず、注目馬や注目レースくらいの軽いアップ?もありかなと思っております。



ラップ分析からの狙い点

昨年1年間でみてきたデータの中からこんな感じで・・・


・速い上がりを差した馬
(主)
昨年の2歳戦から、一番結果出ていたのがこのパターン
但し人気もするパターンだけに馬券の組み合わせが鍵。
芝レースでのみ使用、ダート戦で使って痛い目に・・・・



・消耗戦を差した馬となし崩しに脚を使わされた馬
(主)
サンプルレースは少ないが、まずまずの実績。
後続に脚を使わせるパターン、前半と中盤が速い上、上がりも大きく失速していないレース、を差すので、上でも通用かなと判断しています。
逆になし崩しに脚を使わされたは、スローの脚余しに比べると、馬柱だけでは分かりにくいので、馬券的な妙味も高い。

例・毎日杯
後方から差したキズナはかなり強く
他後方から競馬した5、6頭の内3頭が自己条件で勝ち上がり。



・前半速く、中盤緩むレースを前で粘った馬
(主)
ここもサンプルレースは少ないが、結果が出ている項目。
逆に、ここを差した馬が人気なら一枚落とす手も。
例・フローラSのデニムアンドルビー


・スローの脚余し
(主)
芝の場合、再度スローの場合がある、その確率が低い短距離やダート戦で特に重視したい。



以下は補足的な条件、あくまで人気薄なら拾いたいが、人気ならリスクは高いと判断の材料

・各ハロンタイムが平均を上回るレベル高いレース
(補)
G1出走後に好走するパターンに近い形。
ただ、全般的にトライアルのレースが多く、上位馬は次走が更に激しいレースになり、下位馬は反動や疲れを考えると、あくまで補完的な材料として捉えたい。

・ハイペース失速
(補)
基本的には、ダート+短縮で巻き返し狙いも、芝の力のいる馬場、距離延長により楽に行けるパターンもあるので、状況により使いわけ、補完的な材料。



ラップ分析馬を直接狙うのももちろんだが、
凡走から、好走した類似条件に戻ってきたときに妙味が高い

また、2歳~3歳戦や下級条件に該当馬が多く、この秋くらいまでは昨年のデータを引き続き使用しながらになるかなと思います。